ブログ記事

ブログ

トップ > ブログ > 2016/07/13 渕本晴都子リサイタル 

2016/07/13 渕本晴都子リサイタル 

皆様、暑い日晴れが続いておりますが、元気にお過ごしでしょうか?

くれぐれも熱中症にはお気を付けください!!


遅くなりましたが、先月7月13日、電気文化会館にて

『渕本晴都子リサイタル~やすらぎの中に~』

大盛況のうちに終える事が出来ました音譜


本当にたくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。


では当日の様子をリポートしたいと思いますカラオケ


今回、第1部は『日本歌曲』.。テーマは『春夏秋冬』


まずは、『春』桜

ピアノは北川美晃さん。ピアノソロで『さくら幻想曲』


 

その華麗な旋律にのせて、渕本が客席から登場。

桜の舞を踊ります。


続いて『夏』打ち上げ花火

夏…といえば怪談話オバケ・・・ですよね・・・オバケオバケ


 
曲目は『ゆうれい屋敷』。衣装を変え、武士になり登場。



この暑さには待ち遠しい『秋』

北川さんの素晴らしい編曲による『荒城の月』



最後は『冬』。曲目は『雪燃え』

 

歌って舞い、圧巻の舞台でした。


 

所作指導に、内田るり千鶴先生。

本当にありがとうございました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


さて、続いては2部チョキがらりと雰囲気を変えて、舞台を世界に移し東京タワー

ポピュラーの曲をお聴きいただきましたラブラブ

シンセサイザーの片桐一篤さんを迎えてのスタート。



『おお、わが人生』、朝の連続テレビ小説で聴きなじみの『広い河の岸辺』など…


賛助出演の、阿部純子。しっとりとシャンソンの世界へ目



『悲しみのベニス』 『雨』と続きます。



続いて恒例の姉妹デュエットふたご座



曲は『愛のシャリオ』

さすが!!息の合った歌声とダンスを披露ねこへびねこへび


最後は、渕本のソロべーっだ!


最終曲は『カルーソ』 

とっても早口のカンツォーネの曲なのですが、本場イタリア人も

苦戦するほど・・・あせる

そんな難曲を最終曲にもってきましたが、それにふさわしいステージクラッカー

鳴りやまぬ拍手・・・ニコニコアンコールもあり、大成功のうちに終えることができました!!


これも、お越しいただいたお客様、ピアノ北川さん、シンセサイザー片桐さん、

所作指導の内田先生、後見の内田寿千鶴さん、裏方のスタッフの方々

皆様の多大なるご協力のおかげです。ありがとうございました。

これからも渕本晴都子への応援、よろしくお願いいたします。


また、来年には恒例のお食事付ライブもありますナイフとフォーク音譜

詳細が決まり次第、お知らせ致します。


今後ともよろしくお願いいたします。









一覧に戻る

お問い合わせはこちら